203
キャッシングをしようとカードローンのホームページを見ると「最短30分」など審査の最短時間は書かれています。しかし審査回答が出てから実際に借りるまでどのくらい時間がかかるのかまではイマイチ分かりづらい場合が多いです。

審査だけ30分くらいで終わったとしても、その後のプロセスで時間がかかってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

審査回答後の流れは?

審査結果が出た後の流れは各カードローンで若干の違いがありますが、基本的には、

・本人確認書など必要書類の提示
・契約
・カードの受け渡し(郵送または直接)
・ATMで借入れ

もしくは、

・本人確認書など必要書類の提示
・契約
・振込みで借入れ

という流れになります。

もちろん、審査自体の時間も、その後の手続きにかかる時間も申し込み者個人の状況によりけりです。しかし、急いでいる方は審査から実際の借入れまでの流れと早く借りられる方法を把握しておいた方がいいでしょう。

(参照:都合で選べるカードローンの申し込み方法

審査回答後すぐに借りられるカードローン

以下のようなカードローンであれば、審査回答が出た後、比較的短時間で借入れる事ができます。

①店舗や無人契約機で申し込める場合
②すぐに口座に振り込んでくれる
③手持ちのキャッシュカードでローン利用ができる

①店舗や無人契約機で申し込める場合

店舗窓口や無人契約機であれば、審査回答後、その場で契約などの手続きを完了できる場合がほとんどです。

インターネットからの申し込みの場合、混雑している時間帯などは順番待ちになります。申込み内容の確認、審査、書類の確認など一つ一つのプロセスに意外と時間がかかります。

店舗や無人契約機の場合、実際の審査はカードローン社内で行われるにしても優先的に処理してくれます。また、連絡方法もメールや電話などではなく直接のやりとりです。そういった意味でも各プロセスで待たされる可能性が低いのです。

主なカードローンでの対応は以下になります。

カードローン名 店舗窓口申込み 無人契約機

アコム O O
プロミス O O
アイフル O O
モビット X O

三菱東京UFJ銀行バンクイック X O
みずほ銀行カードローン O(審査回答等は後日) X
三井住友銀行カードローン O(無人契約機の方が早い) O
新生銀行レイク X O
イオン銀行カードローンBIG O(審査回答等は後日) X
楽天銀行スーパーローン X X
じぶん銀行じぶんローン X X
オリックス銀行カードローン X X
セブン銀行カードローン X X

店舗や無人契約機で申し込む場合の注意点

みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローンBIGでは店舗窓口で申し込みができますが、審査回答などは後日になるので、むしろインターネットから申し込んだ方が早いです。

三井住友銀行カードローンも同様に店舗窓口で受付していますが、店舗内に無人契約機があるので、急いでいる場合はそちらに誘導されます。

銀行の店舗窓口は単に申し込み受付の役割しかしていません。実際の審査は銀行担当者ではなく、保証会社が行うので、その場で契約までスムーズに済ますことが難しいのです。

無人契約機であれば保証会社と連動しているので、全ての手続きがその場で完了できます。ただし、営業時間終了ぎりぎりに申し込み開始した場合、審査が当日中に行われない場合もあり、実際の融資も翌日以降になってしまいます。その点は消費者金融系カードローンの無人契約機でも同様です。

(参照:無人契約機で申込む時に必要なもの

②審査回答後、すぐに口座に振り込んでくれる

インターネットで申込み、契約など全ての手続きが済めば、振込みで借りられるカードローンがほとんどです。

この方法であれば自宅にいながら申込みから借入れまでを完結できます。

ただし、無人契約機に比べて混雑状況に影響されやすく、審査や契約手続きに時間がかかることが多く、場合によっては当日中に借入れできない可能性もあります。

カードローンの審査では、
・申告内容のチェック
・信用情報機関で他の金融機関のローン(クレジットカードや住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど)の支払いで延滞がなかったかなど信用情報をチェック
・信用情報機関で他社カードローン借入総額のチェック
・電話で在籍確認

など、やることは多いです。そういったことを一人一人行い融資可否の判断をするので結構時間はかかるのです。

また、入金反映されるのが銀行の営業時間内になるので、基本的には平日14時くらいまでには契約などの全ての手続きを完了している必要があります。

カードローンによっては時間や曜日にかかわらず即時に入金反映されるサービスもあります。

主なカードローンでの対応は以下になります。

カードローン名 契約方法 口座振り込み 24時間即時振り込み反映

アコム Web上で完結できる O O(楽天銀行)
プロミス Web上で完結も対応可能※1 O O(三井住友銀行、ジャパンネット銀行)
アイフル Web上で完結できる O X
モビット Web上で完結できる O X

三菱東京UFJ銀行バンクイック FAXで完結できる O(三菱東京UFJ銀行口座のみ) X
みずほ銀行カードローン 口座があればWeb上で完結できる O(みずほ銀行口座のみ) X
三井住友銀行カードローン 口座があればWeb上で完結できる O O(三井住友銀行)
新生銀行レイク Web上で完結できる O X
イオン銀行カードローンBIG 口座があればWeb上で完結できる O X
楽天銀行スーパーローン Web上で完結できる O O(楽天銀行)
じぶん銀行じぶんローン Web上で完結できる O X
オリックス銀行カードローン Web上で完結できる O O(ジャパンネット銀行)
セブン銀行カードローン 口座があればWeb上で完結できる O(セブン銀行口座のみ) O(セブン銀行)

※1プロミスの対象金融機関は200行以上あります。
 

口座振り込みの場合の注意点

銀行系カードローンの場合、審査でOKだったとしても、その銀行の預金口座を作る必要がある場合もあります。口座を開設するにあたって郵送で契約書類のやり取りが必要になるケースがあり、時間がかかります。

もともとその銀行の口座が無ければ審査回答から実際に借入れできるまでに時間がかかったり、振込み自体が出来ない場合があるので注意が必要です。

(参照:即日に口座振込みできるカードローンまとめ

③審査回答後、手持ちのキャッシュカードでローン利用ができる

いくつかの銀行系カードローンでは預金口座用のキャッシュカードでローンの利用ができます。いわゆるキャッシュカード兼用型カードローンです。

この方法なら、店舗や無人契約機に行かずとも契約をWeb上で済ませば、カードローンを手にする状態になります。

もともと銀行の預金口座を持っているという前提なので、契約手続き完了までが非常にシンプルというのも特長です。審査回答から実際に利用できるまでかなり短時間で済むでしょう。

借り入れ方法は振込みでもATMからでもすぐに行うことができます。

主なカードローンでの対応は以下になります。

カードローン名 キャッシュカードでローン利用可能

アコム X
プロミス X
アイフル X
モビット X

三菱東京UFJ銀行バンクイック X
みずほ銀行カードローン O
三井住友銀行カードローン O
新生銀行レイク X
イオン銀行カードローンBIG X
楽天銀行スーパーローン X
じぶん銀行じぶんローン X
オリックス銀行カードローン X
セブン銀行カードローン O

 

みずほ銀行カードローンの場合

みずほ銀行カードローンは審査回答後、本人確認書などをWeb上で送信します。ローン利用の開始の連絡が来れば借入れの利用ができます。

契約書を交わしたりのプロセスはありません。後日「契約確認書」が郵送されてくるだけです(返送不要)。

審査さ通過すれば数時間以内に借入れられる可能性が高いですが、審査自体が申し込みの翌日になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

(参照:メガバンク随一の低金利・高額融資みずほ銀行カードローン)

三井住友銀行カードローンの場合

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)から申し込めばキャッシュカードをローンに利用することができます。

特長としては、本人確認書の提示や契約が不要ということです。審査結果が出ればすぐに利用ができます。後日「契約確認書」が郵送されてきますが、返信は不要です。

そういった意味で、審査回答後最も早く利用できるカードローンといえるかもしれません。

審査回答も曜日を問わず、毎日21時まで連絡が可能なので、当日中に結果が出る可能性も高いです。

(参照:消費者金融を追随するサービス三井住友銀行カードローン

セブン銀行カードローンの場合

セブン銀行カードローンは審査の課程で「在籍確認なし」。審査回答後も「本人確認書提示なし」、「契約はWeb上」になるので、申し込みから契約手続き完了までのプロセスがかなり少ないです。

審査さえ通過できれば、かなり短時間で借入れを開始することができます。

(参照:コンビニ感覚で気軽に使える セブン銀行カードローン

まとめ

多くのカードローンで審査回答がスピーディーということを推しています。たしかに審査に通過したのか否決になったのかというのを出来るだけ早く知りたいものです。今後の予定が立てられないからです。

しかしそのことで「どのカードローンでも実際に利用できるまでの時間は同じ」と思っている方も多いのではないでしょうか。
各カードローンで利用までのプロセスに違いがあるので、急いでいる方は事前に良く調べてから申し込みをした方がいいでしょう。

スポンサーリンク