korehaokene

「お金を借りたい」となった場合、インターネットでいろいろ調べていると「カードローン」や「キャッシング」という言葉が出来てきます。

「自分はカードローンを利用するべきなの?キャッシングを利用するべきなの?」と、ちょっと混乱してしまう方もいるかもしれません。

カードローンとキャッシングの意味の違いについて説明していきます。

スポンサーリンク

カードローン=キャッシング?

まず、結論から言います。

カードローンの利用のことをキャッシングと言う場合もあります。同じ意味と捉えて良いでしょう。

・カードローンを利用する
・カードローンで借り入れをする
・カードローンから融資を受ける
・カードローンでキャッシングをする
・キャッシングをする

上記全てカードローン会社からお金を借りるという意味になります。

例えば、銀行や消費者金融に電話をして「カードローンを利用したいんですけど・・・」もしくは「キャッシングをしたいんですけど・・・」と言っても担当者は同じ意味に捉えます。

また最近では契約しているカードローンで、インターネットを介して銀行口座に振り込んでもらうという借り方も一般的になってきました。つまり実際にカードを使用しない借り方です。

・インターネットでキャッシング
・ネットキャッシング

カードローンの利用でこういう言い方もできます。

(参照:カードローンの借入れ方法まとめ

「カードローン=キャッシング」ということになりますが、キャッシングはもっと広い意味で使われる言葉です。

カードローン以外の方法でも金融業者から現金を借りればキャッシングと言うことができます。

つまり、キャッシング=カードローンではないということです。

これからカードローンを利用される方にとってそこまで知る必要もない・・・かもしれませんが、2つの言葉について説明します。

ローンとは

まず、ローンとは何かから説明します。

ローンといえば、住宅ローン、自動車ローンなどいろいろ種類がありますが、基本的に「一括で購入できないような高額なもの」に利用します。

金融会社からお金をかりて高額なものを手に入れ、少しずつ時間をかけて分割で返済していくというものです。

金融会社側からすれば、お金を貸すことで、利益(利息)を得ることが出来ます。

ただ、住宅ローン、自動車ローンのように利用目的が決まっている場合は一般的にキャッシングとは言いません。利用者が得るものは現金ではなく、住宅や自動車だからです。

(参照:ローンの種類について

カードローンとは

カードローンとは、ATMからカードを使用して限度額内で現金を借りるというものです。実際にはインターネットなどを利用して口座に振り込んでもらうなど借り方はさまざまですが。

カードローンも他のローンと同じで、基本的に一括返済を前提としているものではなく、毎月少しずつ返済していくというものです。

貸す側(カードローン会社)としては利用者から利息を得るのが目的です。

多くのカードローンでは、残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しており、利用残高が減るにしたがって、毎月の最少返済額も減っていくというものです。

この返済方式は借りている期間が長くなりやすいという特徴があり、貸している側が利息を多く得やすいシステムといえます。

(参照:借入れしたら利息はいくら?金利と返済額で利息の総額は決まる

キャッシングとは

キャッシングとはもともとはクレジットカードに付随していた機能の呼称です。

クレジットカードは皆さんご存知のように、飲食店や買い物などでお店に提示して現金の代わりに支払いが出来るというものです。

利用者からクレジットカード会社へは一括払い、ボーナス払い、リボ払いなどさまざまな支払(返済)プランから選ぶことができます。

クレジットカードでキャッシングする場合もリボ払いなどが選択できますが、もともとは一括で返済するというのが基本でした。

クレジットカードは「現金の代わり」として短期的に立て替えるというというのが基本的な機能です。

日割り計算で短期的に利息は発生しますが、利用者に長期的な返済をさせて利息を得るというのが主な収益源ではありません。

クレジットカードの主な収益源は?

では、クレジットカード会社はどこから利益を得られるかというと、利用者がクレジットカードを利用する店舗、つまりクレジットカード加盟店です。

クレジットカード会社は利用者がクレジットカードを利用する度に、加盟店から数パーセントの加盟店手数料を得ることができます。

また、クレジットカードの場合、他の企業と提携することで広告収入も得ることもできます。クレジットカードがカードローンと違ってさまざまな特典や割引サービスなどを利用できるのはこのためです。

そういったショッピング枠だけで収益があるクレジットカードにとって、キャッシング枠はおまけくらいの意味合いでした。

例えば、有名なクレジットカードブランドであるアメリカン・エクスプレスが発行するクレジットカードは現在ショッピングのみ利用でき、キャッシングには利用できません。

また法人用のクレジットカードの場合、ショッピングでもリボ払いが出来ずに一括支払いのみという条件になっていることも多いです。

カードローンのように利用者から利息を得るだけが収益ではないということです。

しかし、現在では多くのクレジットカードがリボ払いをプッシュしており、利用者からの利息も大きな収益源としていることが伺えます。

カードローン=キャッシングといえますが、逆にクレジットカードで一括で支払うキャッシングであればローンとは言えません。しかし、リボ払いにすればカードローンとほぼ同じ利用方法になります。

クレジットカードのキャッシング自体が以前に比べ変化しているということです。

(参照:カードローンとクレジットカード

なぜカードローンもキャッシングと呼ばれるのか

銀行ATMやコンビニATMからカードを利用して借りるという仕組みまでは、カードローンもクレジットカードも全く同じです。

その後一括で支払うのか、毎月少しずつ返すのかはさておき、現金を手にするまでの過程が両方とも同じなので「キャッシング」という呼び名になったのです。

(参照:カードローンってなに?共通する便利な基本サービスを紹介

まとめ

カードローンもクレジットカードでのキャッシングも実際それほど大きな違いはありません。

しかし、言葉のいきさつを踏まえれば、キャッシングはもともとは一括払いが前提だったので、それほど利息の負担は大きくはなかったのです。

しかし、ローンやリボ払いで返済する現在のキャッシングは利息の負担が大きくなる可能性がある「借金」です。

キャッシングという、カジュアルに、より敷居が低いような言い方をしているのは、より多くの利用者を募りたいからに他ありません。

翌月に全額返済するようなキャッシングと、長期的な利用になるキャッシングでは、利息の負担が大きく異なります。

お金を借りるということまでは同じ「キャッシング」でも、返済方法が違いには注意が必要です。

(参照:返済方法の基本的なポイント

スポンサーリンク