0006
少子高齢化社会といわれて久しい日本の状況ですが、平均寿命が昔に比べて長くなったり、今の時代の60代などは非常に元気で若々しく、「老人」には見えないという人も実際多いです。そういった人たちが定年というかたちでリタイアしてしまうのはもったいないと思うことも多いのではないでしょうか。

実際、定年制度は55歳からスタートし、60歳となり、現在は65歳を定年としている会社は珍しくありません。どんどん延びてきているので、今後も伸びる可能性は十分に考えられます。しかし、毎年一定数の新入社員が増え続ける中で、勤続年数だけが延びれば、その分の給料が会社にとっては負担になります。

65歳を定年としている会社では、実際に60歳を超えると以前の6~7割に減給されるというところが多いようです。しかし、減給された側はそうなると、生活に負担がかかることになる可能性があります。「高年齢雇用継続給付制度」は、その減額された分をサポートするような制度です。企業にとっても、労働者にとっても非常にありがたい制度といえるでしょう。

スポンサーリンク

高年齢雇用継続給付制度を受給できる条件と金額

支給される年齢

60歳から65歳

支給対象となる給与の条件

60歳になる6ヶ月前の給料(ボーナス含まず)を基準にし、現在の給与が75%未満に減額されている。ここでいう「給与」とは、欠勤などで規定の給与から差し引かれた状態であれば、本来の欠勤なしの状態の給与額「みなし賃金」を採用します。

雇用保険の条件

通算5年以上。雇用保険を過去に受給したことがある場合は、5年以上経過していること。転職などの場合で5年の間に未加入期間があってもそれが1年未満であれば通算5年とみなされます。

給与の条件

60歳以降(受給対象年齢)で月給が340,761円以下であること。

60歳以降の減給の割合で支給額と支給の可否が決まる

・60歳到達時の給与から61%未満の給与に減額された場合:現在の給与の15%が受給できる金額になります。
・60歳到達時の給与から61%~75%未満の給与に減額された場合:現在の給与の0%~10%が受給できる金額になります。
・60歳到達時の給与から75%以上の給与に減額された場合:支給対象外になります。

算定上の給与額の上限と下限

上記の「60歳到達時の給与」には上限と下限があり、それぞれの限度を超えた場合も下記の限度額での算出になります。

・60歳到達時の給与の算定上の月給上限額:447,300円。
・60歳到達時の給与の算定上の月給下限額:69,000円。

つまり、たとえば給与が月給100万円の人でも、算定では44万7千300円を基準にします。月給が5万円であれば下限の6万9千円で算出するということです。

最低支給額

受給額を算出し、1,840円を下回るようであれば支給されません。

高年齢雇用継続給付制度の申請方法

デメリットの要素もほとんど無いという高年齢雇用継続給付制度です。条件に当てはまるということしたら「受給しないと損」ということになりますが、申請して認可される必要があります。

ハローワークが窓口になっていますが、一般的には勤務先企業が手続きをしているようです。会社からも案内があるかもしれませんし、何も言われないようなら勤め先の担当者に確認してみてはいかがでしょうか。

高年齢再就職給付金制度

名称がかなり似ていますが、60歳以上で「再就職した場合」に、以前より給与が下がったという場合は「雇用継続給付」ではなく「再就職給付金」という制度に当てはまります。両者の条件はほぼ同じになりますが、いつくか違う点があります。

失業手当の残日数

・失業手当が100日~200日残っている場合:再就職給付期間は1年が上限で年齢上限は65歳。
・失業手当が200日以上残っている場合:再就職給付期間は2年が上限で年齢上限は65歳。

つまり、2年間が最大支給期間になります。「雇用継続給付」よりも期間が短いものになります。また、失業手当の残りが100日未満であれば、支給の対象にはなりません。

その他の条件

再就職手当や早期再就職支援金をすでに受給していないことや、新しい勤務先は1年以上継続雇用されるような安定した職であるということが条件となります。「雇用継続給付」と「再就職給付金」を同時に受給することもできません。

高年齢雇用継続給付制度や高年齢再就職給付金制度は国からの支給なので、やり方しだいで労働者自身と給与を支払う側の企業双方にとって、より有益なものになります。たとえば、自身が年金を受給できる状況であれば、それも含めた複数の制度の条件を踏まえたうえで給与額を決めることができれば「できるだけ少ない給与で、できるだけ多くの手取り額を得る」ということが実現できます。算出方法はかなり複雑になるので、社会保険労務士などを交えて検討することを勧めしますが、じっくり検討するだけの価値はあるといえます。

スポンサーリンク