0001
定期預金があるのにカードローンなどを利用しているという人も意外と多いのではないでしょうか。それは定期預金を解約するよりもカードローンを利用してすぐ完済すればいいという考えかもしれません。

しかし、お金が必要になったときにこの定期預金を解約せずに、「担保」として利用することで、一般のローンに比べてかなり低金利の借入れをすることができます。メリットが多くデメリットの少ない資金の調達方法になりますので、「知らないと損をする」といっても過言ではありません。

スポンサーリンク

定期預金を担保に借り入れる方法

各銀行の名称

・みずほ銀行:総合口座貸越選択サービス
・三菱東京UFJ銀行:自動借り入れ
・ゆうちょ銀行:貯金担保自動貸付け

借り入れ方法

上記のように各銀行で名称に違いがありますが、ほぼ内容は同じです。また、「自動」や「貸越」という文字があるので、お分かりかもしれませんが、まず上記の銀行で総合口座に定期預金があるという状況で、あらかじめサービスの申し込みをすることによって、普通貯金の残高がなくなった時点から払い戻しをすると、自動的に定期預金から貸付を行うというシステムです。

たとえば、口座に7万しかないのに10万円を払い戻そうとすれば自動的に3万円を借り入れているという状況になります。借り入れられる上限は定期預金額の90%または2~300万円のいずれか少ない額としている銀行がほとんどです。

総合口座開設時に選択できるサービスなので、別途ローンの申し込みのようなものもありません。当然審査もありません。急いでいるという場合でも預金から引き出す感覚で借り入れができるので、どんなに即日融資に対応しているカードローンよりも迅速といえます。

金利

自分の定期預金から引き出している感覚ですが、実際には借り入れている状態なので金利は発生します。

金利はどこの銀行もほぼ同様で定期預金の約定利率+0.5%としています。定期金利の全国平均は0.025%。高くでも0.3%に達しないので、どの銀行でも1%以下の金利になります。どんなに低金利のカードローンでも1%という金利はありえません。定期預金を担保にした借り入れの方が遥かにお得なのです。

返済方法

普通預金口座に入金をすれば自動的に返済の扱いになります。返済を超える入金があれば普通預金として預金されるかたちになります。その時点で利息分も相殺されている状態になります。

返済期間は定期預金の満期としている場合が多いです。とくに月々の返済日というものもありません。早く返せば(入金すれば)その分金利負担が減るというだけです。

デメリット

金利の負担が僅かながらにあるとはいえ、実質的に定期預金から払い戻しているような状態ですし、また「借りている」という感覚もないでしょう。そういったことから、定期預金としての本来の目的を達成することができないということは十分に考えられます。

しかし、だからといってより高い金利のローン商品を利用するのもナンセンスというものです。定期預金から借り入れる場合も「返済」の意識をしっかりと持つということが上手に利用するポイントかもしれません。

スポンサーリンク