112
任意整理の場合は裁判所を介さないので、自分で直接債権者と交渉をしようと考える人もほとんどいないのではないでしょうか。

実際的には「弁護士」か「司法書士」かの2択になると思いますが、料金面では一般的に司法書士のほうが割安になる傾向がありますが、具体的にどのような違いがあるかを比較してみましょう。

スポンサーリンク

対応できる債務額が違う

司法書士の場合は対応できる金額の上限があります。債務が140万円、もしくは債務と過払い金を合わせて140万円が司法書士が交渉の代理を行うことができる上限になります。ですので、140万円以上の債務の任意整理を検討しているのであれば弁護士を選ぶしかありません。

また、過払い金などは利息の引きなおし計算をしたら想定以上の金額になるということもあります。計算したら140万円以上の過払い金があったということになれば司法書士では対応できなくなるので、改めて弁護士に依頼しなおすという状態にもなりかねません。

つまり、司法書士は対応できる可払い金の上限があるので、自ら積極的に請求しようという方向に進んでくれないという可能性もあります。司法書士も営利目的の仕事であるのでそういった点は仕方がないともいえますが、利用者からすれば大きな損害になる可能性もあります。

司法書士は裁判所では代理人になれない

また、想定どおりに事が運べばいいですが、債権者との和解に至らなかった場合など、自己破産などの裁判所を利用する債務整理に発展する可能性もあります。裁判所では債務の金額にかかわらず司法書士には訴訟や交渉の代理人にはなれないので、そういった場合でも弁護士に頼むか、自分自身で行うことになってしまいます。

任意整理では弁護士のほうがおすすめ

司法書士が対応できる債務額や仕事の内容が限られているというのに対して、弁護士は債務整理の問題に関してはほぼオールマイティーに対応できるといえます。

司法書士を選ぶ理由が費用の安さということであれば、法テラスで弁護士費用を立て替えてもらうというのも検討してみてはいかがでしょうから、月々数千円からの返済で済む場合もあるので、大きな負担にはなりません。

また、過払い金をより多く回収できればむしろ結果的に弁護士のほうが得だったということになる可能性もありますし、万が一、司法書士から弁護士に依頼しなおすという必要が生じれば、なおさら費用がかさんでしまいます。特別な事情が無いようなら弁護士を選んだほうが金銭的な意味でも安全といえるかもしれません。

スポンサーリンク