インターネットで債務整理の方法を確認していると、それらを解説している多くのホームページは弁護士などの法律事務所によるものです。有名な法律事務所のホームページもあれば、聞いたことも無いような法律事務所のものもあります。いずれにしてもそういった法律事務所では「実績」や「安価な費用」など、その特徴を前面に押し出していますが、とにかく数も多いので、どの事務所がいいのか素人では見当もつきません。

しかし、「なんとなくの雰囲気」で弁護士を決めてしまうのはリスクがあるといえます。派手な広告を打ち出している弁護士事務所はそれだけ仕事に自信があると捉えることもできますが、営利主義で依頼者のことよりも自社の利益を優先するという側面がある可能性も考えられます。実際、最近では弁護士による違法行為も話題になっているので、弁護士もしくは法律事務所選びにはある程度注意が必要といえるかもしれません。

弁護士選びで押さえておきたいポイント

まずは信頼できるということ

ホームページでのイメージが良かったとしても知らない法律事務所に依頼をするのは基本的には止めたほうがいいでしょう。しかし実際、企業ならともかく、個人的に弁護士を知っていたり、頻繁に利用している人というのもなかなかいないかもしれません。

最も安全といわれている弁護士の選択方法としては「法テラス」経由で弁護士に依頼をするということです。法テラスは国による法律相談窓口なので、そこで紹介される弁護士は他と比べて信頼できるといえます。また、無料の相談から始まり、安価な料金設定や分割での支払い方法など、法テラスには債務整理での利用者に優しいメリットも多いのが魅力です。

得意分野であること

可能性は低いかもしれませんが、知っている弁護士だからということで、債務整理を得意としていない弁護士に依頼するというケースもあるかもしれません。債務整理の多くは債権者との話し合いにて和解などに持ち込み、どれだけ債務者にとって都合の良い方向に持っていけるかがポイントになります。

弁護士の仕事といってもその分野は幅広いのです。例えば離婚問題や特許などの知的財産、民事事件もあれば刑事事件もありますし、内容はいろいろあります。債務整理をする場合の相手の金融会社というのは受身の立場での債務整理のプロです。弁護士側もその道のプロでないと希望に近い結果を出せずに、無駄に時間だけかかり、遅延損害金などが発生したりなど、最悪の場合で現状より状態が悪くなる可能性も考えられます。信頼性を優先するあまり実績を軽視すれば自分にとって不利益となる可能性もあります。

ある程度は自分でも理解を

基本的には信頼できる弁護士であれば問題はないですが、過払い金返還請求の場合などは、債務者側にお金が返還されるというケースもあります。そういった場合に債務者に渡るべくお金を弁護士が着服するという不正行為が近年多く報告されています。依頼者側が全く内容を把握していないということを逆手にとった犯行といえるでしょう。法律に関する問題なので、一般の人には難しいことも多いですが、ある程度は内容を理解し、弁護士とともに債務整理をするといった姿勢で挑むとういことでよい結果を得られるということかもしれません。

スポンサーリンク