債務整理には大きく分けて4つの方法があります。
・任意整理
・特定調停
・自己破産
・個人再生

上記に加え、「過払い金返還請求」も債務整理の範疇とする場合もあります。これらの債務整理の方法それぞれで返済金額の負担の軽減度や、デメリットの内容などに違いがあるので、各債務者にとってどの債務整理の方法が最も適切なのかというのはケースバイケースになります。ここでは債務整理全般のメリットとデメリットをまとめてみました。

債務整理の基本的なメリット

返済の軽減

債務整理の基本的なメリットは法に則って、返済額を軽くできるということで、いわばローン利用者側の権利ともいえます。どの程度返済額を減したいのか、または、少しなら返済できるのか全く返済できないのかなど状況や希望によって選ぶ債務整理の方法が違ってきます。

催促を止めることができる

返済が困っているときというのは金銭的な面もそうですが、精神的にもプレッシャーがあるものです。債務整理の手続きを開始すれば、法的な効力により、債権者は債務者に催促をすることができなくなります。

仕事や生活に影響しない方法も

債務整理をすると仕事から私生活まで全てに影響があり、人生のそのものの一からのスタートになると思い込んでいる方もいるかもしれませんが、債務整理の方法や、借り入れ先の状況にもよりますが、今の仕事はもちろん生活環境を維持しながら債務整理をすることも可能です。

債務整理の基本的なデメリット

ブラックリスト入りになる

ここで言う「ブラック」というのは信用情報上の記載で「債務整理」したことが記録と残り、ローンの審査などに悪い影響を与えてしまうというものです。5年から長くて10年間はローンなどが利用できないという可能性があります。審査の甘めな中小の消費者金融なら可能性はありますが、大手の金融会社のローンの利用ほぼできなくなります。

「借りること」が当たり前だった状態から全く借りれない生活になる可能性もあるので、金銭的な感覚やライフスタイルにも大きく影響するでしょう。債務整理の全ての方法でブラックになりますし、過払い金返還請求でも利用中の請求など、タイミングや状況次第ではブラックになるので注意が必要です。

必ずしも希望の債務整理方法を選べるわけではない

例えば「自己破産」などは、「返済することができない」ということを裁判所に認めてもらわなくてはなりません。また、その他の方法ではある程度の返済能力を求められる場合もあり、4種類の債務整理方法から自分の好きなものを自由に選べるということではありません。

その他の細かいメリットデメリットは各債務整理方法で異なりますので、別の章でより詳しく解説をしています。債務整理をするにあたってはそのデメリットをどのように克服し、自分なりのメリットに変えていけるかがポイントといえるでしょう。

スポンサーリンク